看護師を目指して働きよかったなと思っています。

看護師の仕事をしていて患者さんが、いつも頑張ってるねと言われたとき頑張っててよかったという気持ちになりました。
入院や検査や、処置が立て込んで入ってバタバタしていたときに先輩や、患者さんが私のことは心配しないで優先順位を考えて今やっている仕事を一生懸命にこなしていってねと言われたときに働いたあるときはやっているしと思っていたけれど、患者さんや周りの人の優しさであったんだと身にしみて感じました。働き始めた当初は処置など、時間を要していましたが、周りのサポート、自分の頑張りで嫌な仕事もありましたが、看護師を目指して働きよかったなと思っています。今は、育児で働けませんが、少しでも周りのために働けるようになりたいと思います。24W

ジョブデポ看護師 お祝い金

良かったことは、入院中の患者さんにお手紙をいただけたこと、そして感謝をされたことが良かったです。切迫流産のために長く入院されているお母さんや、盲腸のために急遽入院された患者さんなどにいただくことが出来ました。特に盲腸で入院された患者さんは、緊急だったために搬送される場所が限られていて、妊婦さんの多い棟に入院せざるを得なくなってしまって、毎日のように給食のメニューの紙に看護師あてに手紙を書いてくれました。そういう患者さんが多い反面、愚痴になりますが、あれこれ指図する上司が怖くて嫌なときもあります。でも私のいる棟は和気あいあいしているのでそこまで負担に感じていません。夜勤も多いですが頑張っています。

看護師の仕事は、とても労力を必要とする仕事です。患者さんの点滴を投与する、身体を拭く、食事を食べるのを手伝う、排泄の手伝い、片付けをするなど、患者さんの日常生活、治療の手伝いをするのは看護師の仕事なので、大変だけれどやりがいも感じます。
しかし、看護師の仕事はそれ以外ではありません。大きい病院では病棟に事務の方が常にいるみたいです。しかし、事務の方がいる、いないに関わらず、それでも事務的な作業が多すぎ、それにかかる時間、労力に疲れてしまうこともあります。なので、もっと看護師としても仕事に集中できるように、事務作業を協力してもらえるような人員配置や体制を整えてもらえたら患者さんにとってもいいのになと思います。

看護師となってまだ短いですが、今の職場は理想としていた看護がなかなかできないと感じています。
病棟の看護必要度を目標のパーセンテージにするため、事実とは異なった評価をしなくてはいけないことが多いです。
そのために毎日事実ではない看護記録を記載しなくてはならず、毎日心苦しい気持ちになります。
また、認知症の患者さんが増え、やりたくない抑制をしなくてはいけないことが多いです。
転倒を防ぐために仕方がないと思う部分もありますが、人の目がもっとあれば抑制をしなくてもいいのではないかとも思います。
看護師の給料についても、業務内容と見合っていないと強く感じます。
排泄物に触れたり、感染のリスクもあり、重労働でもあるのに、これだけしか貰えないのかと思います。
給料を含め、職場環境がもっと向上してほしいです。