他の職種よりも離職率が高いからか、転職しても受け入れはいいです。

看護師自体は、姉が看護師になったので、特に目標もなく看護学校に行きなりました。合格率100%の看護学校だったので、国家試験に落ちなくて良かったという低い意識のまま就職しました。患者さんやドクターとというよりは、同じ看護師同士の付き合い方が難しかったです。看護師になって一番良かったと思うことは、転勤してもすぐに就職先が見つかることです。他の職種よりも離職率が高いからか、転職しても受け入れはいいです。
副産物的な良かったこととしては、家族の健康管理が簡単にできることです。家族の一人ひとりの調子の悪さが聞かなくても大体わかりますし、本人が気づいていなくてもその後すぐに風邪をひくなんていうことはしょっちゅうです。ドクターが診断を決める前に病名が分かります。看護師が母親になるのは、保母さんが母親になるくらい最強だと思います。4915W

●良かったこと
ありきたりかも知れませんが、やはり患者さんに「ありがとう」って言われることですね。一生懸命やってよかったなって思えます。
個人的には、おじいちゃんおばあちゃんが好きなので、高齢者の患者さんが多い所に勤めているときは、かわいいおじいちゃんおばあちゃんがいると、逆に癒されたりとかもしてました。かわいいって言うのもなかなかわかってもらいにくいことかも知れませんが(笑)
●悪かったこと
看護師相手ならと、医者には言えないような文句を言ってくる方もたまにいらっしゃいますね。しかもそれが結構理不尽なことだったりで…それは結構ストレス感じます。
看護師の中には、患者さんに優しくない方もいて、そういう人を見てると同じ看護師として腹が立ちますし、なんで看護師になったのか疑問に感じることもあります。
医者の中には、看護師を雑用係と思ってるのかという先生も時々いて、やり場のない憤りを感じることもありました。3110W

ジョブメドレー  料金

 

良かった事は、ありきたりですが、患者さんからありがとうと笑顔で言ってもらえた事です。自分がした看護援助によって喜んでもらえるのは、何年たっても一番嬉しい事です。一生懸命に関われば関わるほど、その患者さんが亡くなられた時は悲しいですが、ご家族から感謝の気持ちを頂いた時は、その患者さんの最期までを看護師として援助できて良かったと感じ、また、自分としても成長出来たと感謝の気持ちでいっぱいになりました。看護師は年数を重ねながら自分も学び、生涯通して人間として成長していける職業だと思います。
悪かった事は、三交代で、日勤から深夜入りの勤務が辛い事です。やはり、歳をとるごとに体力の衰えを感じます。深夜入りの日はどうしても、何をするにもイライラしがちになってしまい、家族には寂しい想いをさせてしまった事も多々あります。4222W

良いことはすぐに患者さんの役に立ったという実感が得られることです。そして感謝されることも多いです。
悪いことは命に関わることが多いので何をするにも神経を使います。ちょっとしたミスが命に関わってくるのでミスが許されません。また、仕事をする上で自分で判断することが多くなります。その判断もミスが許されないので日々緊張を伴います。また、人手不足なので一日にやらなければならない仕事がとても多いです。その為、時間内に仕事が終わることは中々ありません。かといって残業を減らせと言われることが多いです。夜勤をすると日勤帯の倍疲れます。
疲れと緊張で疲弊していく事が多いですが、時々やってくる患者さんからの温かい言葉と給料日に癒されます。